モトテンのブログ

ラジコン ドリフト クルマ 飛行機 釣り バイク ドローン パソコン等 気ままな日記です

2020年09月

無理やりプリンターインクを詰め替えてみた!

ブラザーDCPーJ562。
古いけど とても使いやすい複合プリンターです。
11cc3079.jpg


ついに赤系マゼンタのインク交換の時が来てしまった。
この表示が出ると全く使えなくなります。
2515cea5.jpg


このタンクは詰め替えが出来ないタイプ、使い捨て交換専用インク。
結構残っているのに交換指示が出るみたいです。
de00bf5e.jpg

純正インクは高過ぎ、安いとは言え互換インクもそれなりの価格。
手持ちのプリンターは詰め替え不可のタンクだけど無理やり詰め替え用のタンクに改造してみます。
沢山入って100円は超お買い得のダイソー製インク、少しヤバ目の感はありつつも。
4.JPG


タンクのこの位置、一番上の方に注入用の穴を開けます。
この時ピンバイス等ドリル系のキリは使ってはいけません。
削りカスがタンク内に入るとノズルが詰まってしまうので、丸キリをライターで焼いて1mm程の穴を開けます。
溶けたプラスチックが盛り出てくるのでカッターで切り取ってしまう事。
ffaf5447.jpg

注入器、これもダイソーにあります。
0132714e.jpg

インクの入り具合を見ながらそーっと入れていきます。
決していっきに入れない様に、3cc程入れました。
後は穴をセロテープでふさいで終わり、本体にセットするだけ。
3176c07e.jpg


満タンの表示になりました。
本当はリセッターなる物を使ってタンクにあるicチップをリセットしなければ使えないらしいのですが、問題なく使えるようになりました。
ブルーとイエローもあと僅かのようです。
2457cbd2.jpg

大丈夫、ついでに買っておきました。
本来は数千円が、数百円に化けました。
次も改造するつもりです(^^♪
7fc54e3e.jpg

プロポ変更ードリパケ改造④

今までセットUPしてきたのは中古セットのままのヨコモ純正27Mhzの送受信機とサーボ。
外観は少し違うけど中身はフタバと同じじゃないかな?
さすがに27Mhzはノーコンの心配があって外では使う気がしない。
外的要因に影響されやすく過去に数回、暴走の経験もあって現行の2,4Ghzのプロポに交換する事にしました。
5a672e49.jpg

フタバが良いのだけどやはり安くはない。
チョイとお遊びするだけなのでもっとリーズナブルな物を探してみた。
TURBO RACING 3チャンネル送受信機セットで2000円です、コレに決定。
d315d7d9.jpg

何と、分割式プロポ! グリップの中に単4電池x4本。
中国の製品は多少リスクはあるがアイデア、機能などは突出してて、ある意味クールです(^^♪
aa4c0143.jpg

トイラジプロポみたいだけど小型で軽くて持ちやすい。レシーバーは4チャンネル、使わないけど儲かった気分。
ムカシ使ったフタバの3PKとかサンワM11とか、スゴク重かった記憶がある。
d52a8a4b.jpg

液晶ディスプレーなんて装備されて無いけどその分、電費は良いかと。
EXPOはないが舵角調整のD/Rデュアルレート、コレ必須!は装備されている。
IMG_1203.JPG

そして2駆ドリにジャイロは欠かせませんネ。
カー用は持ってないけど手持ちの3D機体には付いてるのを思い出し、じっと眺めつつ。
どーにかならんだろうかと外してみる。
baeab24b.jpg

4軸のジャイロです。不要のコネクターは外してラダーだけ使って、受信機のステアリングチャンネルにコネクト。
良かった、バッチリ作動OK、感度は走らせながら調整します。
あと、ブラシモーターではどーだか・・・・
ボチボチ行くので日記じゃなくて週記ですなぁ(笑)
続きます。
547ba074.jpg

2駆化への道のりは遠い、ドリパケ改造③

ココまでやると純正のままだと切れ角が少ないと感じて来た。
舵角を増やすにはワイパーアームの長さを延長すればよい。
手持ちに以前造った3Dアクロ機のロングサーボホーンがあったのでこれ幸い。FRP製、厚さ0.5mm程。316497d7.jpg

ノーマルのワイパーアームにビス止め、10mm程の延長アームの出来上がり。
c93d6fe1.jpg

次、アームが外側に大きく湾曲している関係で過大トーインになってしまう。
そこでノーマルのセンターリンクを調整可能なターンバックルに交換します。
少し長くしてやって、ややトーアウト気味に設定。
b831f8b9.jpg

また、問題発生、ターンバックルがシャシーに干渉する事が判明。
取り合えず削り落とす、後からリューターで成型するつもりです。
ca722003.jpg

次は、ナックルがCハブに当たって切れ角が取れない。
Cハブを右のように削り成型します。
8800156a.jpg

次の問題発生、切れ角が増えたのでホイルがダンパーに当たる様になった。
サスアームに穴を開けて内側に逃がします。
ダンパーが立ってしまったけど柔らかいスプリングに交換して走らせながら様子をみます。
ac520d78.jpg

ノーマルより少しは切れ角UPしました。
次から次にトラブルが出て来たけど、ホビーストの自分には、これはこれでとても面白いと思う。
2駆化への道はマダマダ続きます。
f82b4cc4.jpg

ドリパケ2駆化改造計画②


オプションパーツは色々販売されているようだけど 出来るだけお金をかけないで改造するつもりです。
中古で手に入れたドリパケ、スパーギヤはかなり使い込まれたようで交換時期です。
9b117341.jpg


必要最小限のパーツは揃えてみたものの、もっと低速側に振った方が良さそう。
スパーギヤは80T位を予定かな?
スパーギヤを変更する場合、どうしてもアルミのアダプターが必要だと判り手に入れた。
出来るだけ金モノは入れたくなかったが仕方がない。
でも初回は貧乏たらしく純正のスパーギヤをリサイクルしました。
プラスチック用の細いノコでギヤを1枚1枚切り込んでいきます、深さ1mm程。
様子をみてから交換する予定。
f9347837.jpg


それにしてもスパーギヤを交換するには どうしてこんなに面倒くさい構造にしたんだろう?
リヤギヤBOXとモーター、モーターマウントも外さなくてはならない。
モーターマウントが2分割構造ならアッパーのみ外せば楽だと思う。
d169f548.jpg


2駆化に伴いセンターワンウェイとドライブシャフトも不要。
985b1410.jpg


今度はフロントの見直しです。
これはノーマル、斜めなので舵角が少し逃げてしまう。
e9054c09.jpg


手持ちのパーツにスクエアのTA05コンバ用の長いロッドがあったのでこれを使う。
パーツは大事にとって置くべき、いつか役に立つ時が来る。
ボールコネクトなんかはヨコモ、タミヤ、手持ちのパーツで寄せ合わせです。
29599b34.jpg


フロントユニバーサルジョイントは要らなくなった。
舵角が増える分、ワイパーアームがカップジョイントに当たるのでデフギヤユニットも外しました。
完璧にRWDリヤ駆動です。
次回に続く。
23983858.jpg


最終出来上がりの動画です。
ギャラリー
  • 地震雲だ!
  • 地震雲だ!
  • mn99sは最高のクローラー!
  • ウェブリー中折れ式リボルバー拳銃
  • ウェブリー中折れ式リボルバー拳銃
  • ウェブリー中折れ式リボルバー拳銃
  • ウェブリー中折れ式リボルバー拳銃
  • ウェブリー中折れ式リボルバー拳銃
  • ウェブリー中折れ式リボルバー拳銃